英語の勉強

こんにちは、

今日は英語の勉強について

海外で生活・留学した時にまず感じる事として、「あー、日本でもっと勉強しておけばよかったなぁ・・・」、

これは自分なりに英語の勉強してきた人でも感じてしまいます。

「なぜだろう?」

それは自分の英語レベル以上のネイティブと接するようになるからです。

そう考えると、自分を責めることはないですし、恥じることではありません。そう感じたら勉強すれば良いだけです。
じゃ、そう思ってから勉強すればいいじゃん、ってことではなく、やはり、日本出発前に英語の勉強をしておいたほうが良いと思います。
なぜなら、やはり基礎英語力の底上げしておくべきと考えるからです。

自分に合った勉強方法を見つけなくてはいけないのですが、

「ローマは一日にして成らず!」

どの方法でも続けなくては成果は出ないという事だけは言えますね。

自分で勉強して、ある程度時間が経過すると、この方法は自分に合わないのではないだろうか?別の方法が良いのではないか?と考え始めます。
それを考え始めると、教材に目移りし勉強が進まなくなってしまいます。もしかしたら、別の教材の方が良いのではないか?と考えてしまい、今使っている教材が終わる前に途中で投げ出し、自分の知識を増やす前に新しい教材を購入してしまい自分の家の本棚に並ぶ本を増やすという結果になり負のループになってしまいます。

英語の勉強に成果が伴っている人は、ひとつの教材に絞って勉強したという人に多い傾向があります。
「教材を一つに絞って勉強する!」これはよく聞いたり見たりすることがあると思いますが、試す価値有りだと思います。
その教材の中でわからないことが無いようにするくらい勉強しちゃうって事です!多少高い教材でもそこまで使うと考えれば安く感じませんかw

あとは、低価格でレッスン時間もある程度自分の都合に合わせてできるオンライン英会話レッスンも最近は充実しているので、それを試してみるのも良いと思います。また、リスニング力を高めるためにアプリなどで意識的に耳をトレーニングすることもとても良いと思います。

オーストラリアに既に滞在している人にお勧めなのはEnglish Grammar in Useです。

English Grammer in usd

私はそれを3回くらい繰り返しやることをお勧めしています。だからテキストに書き込んじゃダメですw。
その方法は、1回目は英文法の枠組みを知る。2回目は苦手な文法を理解する。3回目でマスターくらいのイメージです。
勉強していると1回目がちょっと辛く感じるかもしれませんが、アドバイスとしては、分からない単元があっても、そこに固執することなく、
「あーこれの単元は分からないなぁ。2回目に勉強しよう」ってことにしてその単元で足踏みせず先に進んじゃうことが大切です。
例えると、日本語の五十音「あいうえお・・・・」と続きますが、「たちつて?」が覚えられなくても「なにぬねの・・・・」に進むということです。
とりあえず、「・・・わをん」まで、さらっと「五十音」を流して全体を見てしまえ~というイメージです。あくまで、1回目は英文法の枠組みを知ることが目的だからです。

あとは実践あるのみです!留学したら、クラスメイト、先生、ホストファミリーなどじゃんじゃん話しかけちゃいましょう!

Just do it!

にほんブログ村 海外生活ブログ オーストラリア情報へ
にほんブログ村


オーストラリア(海外生活・情報) ブログランキングへ